直方市で駆除業者をお探しなら当社へ【直方市・害獣(イタチ、アライグマ)調査】

BIO RESCUE 虫の110番

09496-2-1807

〒820-1106 福岡県鞍手郡小竹町南良津1810

24時間 年中無休

lv

直方市で駆除業者をお探しなら当社へ【直方市・害獣(イタチ、アライグマ)調査】

施工実績

2018/11/02 直方市で駆除業者をお探しなら当社へ【直方市・害獣(イタチ、アライグマ)調査】

直方市で駆除業者をお探しなら~福岡の害虫駆除・害獣駆除ならBIO RESCUE 虫の110番へ【直方市・害獣(イタチ、アライグマ)調査】

 

いつもご依頼ありがとうございます。

朝夕一段と冷える季節になってきました。いかがお過ごしでしょうか。

寒くなるとネズミやイタチ、アライグマなどの害獣の相談が多くなってきます。なぜなら、寒い冬をしのぐために温かいねぐらを求めて移動するからです。またイタチなどはこの時期に営巣すると春の繁殖に直結してしまいます。この時期天井裏や床下で音がするなら早めの対処をお勧めしています。ご家庭でも何か気になることがありましたらお早めにご相談ください。

 

さて、今日は直方市のお宅に害獣調査に行ってまいりました。このお宅は直方市の旧城下町からの街道沿いにある旧家でとても立派なお屋敷でした。数年前にきれいにリフォームされたようですが、リフォーム直後からイタチなどの害獣が侵入していたようです。

 

築100年以上の木造建築は床のコンクリート基礎もありません。昔の建物だと壁が土壁で壁の中に空洞がないので大丈夫なのですが、古い建物の上に覆うようにリフォームしてしまうと壁の間に隙間ができてしまうので床から屋根まで獣が自由に行き来できるようになってしまいます。一般的に工務店や大工さんは強度や雨仕舞いは気にしますが害獣の侵入などの観点では全く無知なので平気でこのような構造にしてしまうのです。特に田舎では致命的な欠陥になります。

 

このお宅の場合、建物の東側からイタチが入っていたようですが、今度は西側から大きな獣が入ってきているようだとの相談を受けました。かなりどたどたとした足音で動きまわるようで住民の方も不安に思っていらっしゃいました。天井には数か所おしっこのシミがあります。イタチなどではめったにないことですがハクビシンやアライグマなどの大きな獣の場合、天井が持たずに落ちてきてしまう場合もあります。

45233613_497182284117957_4473671556517593088_n

天井裏をのぞいてみると大きな足跡がありました。アライグマのようです。週明けより捕獲作戦に入ります。この件はまた報告します。

 

なにかありましたらご相談ください。

 

 

 

TOP